【セーラームーン聖地巡礼】セーラームーンの舞台となった麻布十番

このページでは作品の舞台となった町「麻布十番」を紹介します。聖地巡礼マップも最後にあります。

麻布十番とは

住所でいうと「東京都 港区 麻布十番」となります。

セレブの街といわれる麻布十番、あの六本木や赤坂が近隣の地区で

とてもおしゃれな街です。麻布十番のほかに、元麻布、南麻布などが地名として

あります。

その中でも麻布十番は1丁目から3丁目まであり、主に商業地区として存在しています。

カジュアルな店から高価な店までバランスよくあります。

また、元麻布の方では有名セレブ達がたくさん住んでいます。

街を訪問してみて

この町は様々な面で良くも悪くも普通の町とは違います。

例えば、地価、平均年収は日本トップクラスです。ですが、その分教育水準は

かなり低い傾向にあるみたいです。様々な国の方がいてそれぞれ文化が異なるのは分かりますが、

日本人の子供でも、礼儀を知らなかったり、やって良いことと悪いことの区別がつかない子がいたり、

自分が悪いことをしたことすら分からず、謝罪もできない子もいました。

仕事が忙しい親が多いのはわかりますが、このような状態は子供たちの将来のためにも早めに解決すべき

だと感じました。

ショーレストランShining Moon Tokyo

麻布十番には、セーラームーンショーレストラン(現在閉店)が存在しておりました。そちらの紹介もしております。

麻布十番駅

東京駅からJRと地下鉄を乗り継いで麻布十番駅に来ました。

夜行列車で行ったので到着は朝の6時でしたが、すでに人は動き始めていました。

早起きは三文の徳といいますが、この街の人たちは当たり前のように理解しているようですね。

駅についてですが、実は結構深いところにあります。地上に出るのに少し時間がかかります。

路線は都営大江戸線と、東京メトロ南北線が通ってます。

広告塔(モニュメント)

アニメ、漫画で頻繁に登場した広告塔です。駅4番出口を出てすぐ隣にあります。

ご存知の方も多いと思いますが、残念ながら駅開業時に広告塔は取り壊してしまったようです。

現在は左のように新しいモニュメントが出来ています。右の写真は現在では貴重な1枚となりました。

PR:当時の麻布十番を再現したスモールワールズ東京

暗闇坂

これが、暗闇坂です。名前を付けた当時は昼でも暗かったようです。

残念ながら現在は、マンションなどが建ち、かつての暗闇はだいぶ明るくなりました。

麻布十番では、坂1本1本にこのように柱が立っています。

観光地としてもやはり需要があるようで、所々に街の説明などが記載されています。

二代目運営者追記:実は暗闇坂という名前の坂は他の場所にも存在し、有名な「乃木坂」もかつては暗闇坂という名前でした。乃木坂はセラミュでもコラボした「乃木坂46」で有名ですね。

一説によると、セラミュのコラボで乃木坂46が選ばれた理由は、乃木坂の由来が大日本帝国陸軍の乃木大将と関係しているからと言われています。乃木大将は日露戦争で帝国陸軍の指揮を執り、海軍の東郷大将と共に大日本帝国を勝利へと導いた偉大な方です。乃木神社には乃木大将とその妻が御祭神として祀られています。

原作者の武内先生は国家主義的で神道や武士道の精神を大切にされ、三島由紀夫さんを尊敬されているため、恐らく乃木大将のことも崇敬しているはずですよね。機会があれば、乃木神社にも行ってみてはいかがでしょうか。

余談は以上です。

火川神社

元麻布方面へ行くとレイちゃんの家「火川神社」があります。

実際は「氷川神社」です。奥には墓地もあり、都会にしては静かなところです。

ちなみに、後ろには廃墟と化した大使館があります。やはり桁外れなものが存在しています。

神主さんはいらっしゃったみたいですが、迷惑になるといけないので

お声をお掛けしませんでした。

「これからもセーラームーンが永遠に輝きを失いませんように」

そう神社にお参りしておきました。

赤坂氷川神社(追記)

こちらは、赤坂氷川神社の方になります。境内はこちらの神社がモデルになっています。

入ってみると、セーラームーンファンならばレイちゃんの気配を感じられるかもしれませんね。

出来れば建物内も見たかったですが、関係者以外は建物内は入ることが出来ませんでした。

麻布氷川神社との距離ですが、そこまで離れていません。しかし、徒歩は少しきついですね。

二代目運営者追記:実は、この神社、保守言論者として有名な櫻井よしこ氏の実家です!知らない方に説明すると、この方は「憲法改正」や「中共問題」で有名な方です。おそらく、武内先生も知っていて氷川神社を舞台にしているでしょう。これは、セーラームーンは国家主義でかなりの保守アニメという大きな証拠です。国家主義で現実主義、さらにアニメ好きじゃない自分がこのセーラームーンという作品は妙に嫌いになれない理由はこれです。今、これを読んでいるセーラームーンファンの方、あなたも立派な大日本帝国の保守派です。ぜひ「憲法改正」や「中国共産党問題」などで少しでも力添えをし、美しい帝国を作りましょう。私も自身のメインポジションである財界から個人及び資産管理会社を通じてできるだけの支援を行っています。余力があれば、15年から20年後を目処に自由民主党より衆院選に出馬します。一人ひとりの力が世界における帝国の地位を最高のもととし、それを盤石にするのです!余談は以上です。

こちらはお土産で買いました。

私は、神道については全くの素人なので、これが何を意味するのかは分かりません(笑)

もし分かる方がいらっしゃったら教えてくださいね。

ジュエリーOSA・P

ここはなるちゃんの家になった「ジュールA」です。

宝石店ではなくオフィスなどが入る建物みたいです。

アニメで見るより大きな建物です。

ここは、用事がないのでこれ以上入りませんでした。

仙台坂上

ここが、魔の6時バスで有名な仙台坂上です。

都営バスもしっかり止まります。6本目の坂はありませんでした(あったら大変だ・・・)

仙台坂上とは書いてありますが、氷川神社前とは書いてありませんでした。

折角なので、バスにも乗りました。

朝6時台のバスでしたが18時ではないので魔の6時バスではありませんでした。

また中央の写真のように、仙台坂にも柱が立っています。

一の橋公園

ここは、一の橋公園です。

行ったときは工事中で中に入ることが出来ませんでした。

どうやら大掛かりな工事をしていたみたいです。

残念ながら当時の写真が見つからなかったので写真はこれだけになります。

真上には道路が通っており、本当に都会のど真ん中にポツンとある

公園になっています。

追記:一の橋公園内部の写真を見つけましたので、載せておきます。

ゲームセンタークラウン

ゲームセンタークラウンのモデルです。

クラウンは、現在マクドナルドになっています。建物はそっくりですね。

ここで、私は朝食をとりました。ここで食べるといつもの何倍も美味しく感じました。

右の写真にあるように、昔はゲーセンじゃなくてパチンコでした。

現代ではパチンコで生き残っているのは大手がほとんどなので

潰れるのは仕方ないことですね。

セントメアリー教会

ここは、アルテミスがシスターに一目惚れした教会のモデルになったのではないかと思われる場所です。

教会は氷川神社の前にもありましたが、こっちのほうがそれっぽいです。

坂の上に建っていますが、立派な教会です。

きみちゃん像

おなじみ、きみちゃん像です。本当に道路のど真ん中にあります。

たまにここでイベントなどをやっているみたいです。

あと、気になって写真を撮りましたが「パティオ十番」というプレートが後ろにありました。

見る限りではおそらく、商店街が作ったプレートですね。なんだか1990年代感が出ているような

気がするのは気のせいでしょうか?

港区立麻布図書館

ここが、たまにアニメや漫画に出てくる図書館のモデルらしき場所1つ目です。

意外と小さいくて、ビルになっています。

まだ開館時間前だったので入れませんでした。

この図書館は港区が運営している方の図書館ですね。

T.A女学院

ここが、レイちゃんの通うT・A女学院のモデルになった「東洋英和女学院」です。

行った時は、生徒さんがたくさん登校してきていました。制服も見ましたが、アニメ、漫画とは全く違いました。

制服の写真は、肖像権の問題上撮っていません。

歴史と品位を感じるクリスチャンの学校です。記念館や資料館も存在するほどの立派な学校です。

麻布中学校・高校

ここが、うさぎちゃんたちが通う十番中学校のモデルになったと思われる

場所です。レベル的には、まもちゃんの通う元麻布高校のモデルとも推測できますね。

このあたりに関しては、詳しい情報がありませんので何か知っている方いたら教えてください。

東京都立中央図書館

ここが、アニメにたまに出てくる図書館のモデルらしき場所2つ目です。

最初に紹介した図書館とはまるで大きさが違います。中に喫茶店らしきものもありました。

こっちは東京都が運営している図書館ですね。おそらく、学生が勉強する部類の図書館ではないです。

もちろん開館時間前なので入れまんでしたが、アニメに出てくる図書館は先程の図書館が濃厚ですね。

周りには公園があり、朝から散歩やジョギングで賑わっていました。見たところ地下も深いみたいです。

余談ですが、ここで私はこの街の子供の教育の悪さを実感しました。

カレイドスコープ専門店(追記)

こちらは、カレイドスコープ専門店の昔館です。

作品中では、まもちゃんに万華鏡を買ってもらうシーンで登場しましたね。

中に入ってみると、万華鏡だらけです。中には数万円する高価なものもあります!

店主の方も社交的で明るく、話しかけると万華鏡について色々と教えてくださいました。

私も折角なので、万華鏡を一つ買いました。

私の想像していた万華鏡とは違う、すごい形だったのでこれにしました。

袋もかなりこだわりを感じます。

実際に覗いてみると、現実にはない不思議な美しさを体験できました。気分転換には最高です。

まとめ(聖地MAP付き)

麻布十番の訪問についてまとめてみると、大変だったことや楽しかったことなどたくさんありました。

そして、一番思ったのがやはり自分の目で見るのが一番感動するということです。

ですが都会とはいえ一度も行ったことない方が行く際は計画をきっちり立てないと迷いますので、

その点はしっかり下調べをしてお出かけください。

イメージビデオ(協力:セーラーミコ様)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る