【セーラームーンミュージカル】乃木坂46版セーラームーンミュージカル2018

このページでは、2018年6月、9月に行われた、セラミュの新シリーズ「乃木坂46版ミュージカル

美少女戦士セーラームーン」の様子などを紹介します。今回はTEAM STARの9月公演初日に行ってきました。

イベント概要

開催時期 2018年6月、9月

開催場所 TBS赤坂ACTシアター(東京)

出演 乃木坂46(TEAM MOONとTEAM STARの2チーム体制)

イベント詳細 セーラームーンミュージカルの新シリーズとして始まった乃木坂46版のセラミュ。

今までの歴史あるセラミュをアイドルグループがどこまで輝かせることが出来るのか。

セラムンファンには不安と楽しみがあるドキドキの新しいセラミュです。

会場の様子

会場の外観

こちらが、今回の会場となったTBS赤坂ACTシアターです。赤坂サカス内にあるTBSの劇場です。

初日は夜公演だったため、建物の外観ははっきり写っていませんが、座席数が多い劇場でした。

ただ、前の座席との間隔が狭くて非常に移動がしずらく、座席もあまり良いものではありませんでした。

さらに、入場時は手荷物検査があり、セキュリティーだけは厳しかったです。

会場内の様子

こちらは、公演グッズの販売ブース周辺の様子です。近くでの撮影は禁止だったため、少し遠くから撮りました。

開場から開演まで30分だったので、開演前はそこそこの賑わいでした。休憩時間と終演後は賑わいました。

終演後は、ガチャガチャが屋外に設置され、混雑緩和対策が取られていました。

こちらは、会場エントランスから1階席に降りる階段に飾られた花束です。

恐らく、今までで一番多かったです。武内直子先生をはじめとするセーラームーン関係者はもちろん、

コラボした乃木坂46の関係者の方々からも贈呈されたことが要因ですね。

こちらは、新作グッズの展示と乃木坂46のミュージカル出演メンバーのイラストと写真です。

今回はグッズの展示は非常に少なく、これだけでした。中身はPROPLICAの新作と来年の手帳や

エターナルムーンアーティクルのジュエリーケースなどです。

ミュージカルの感想

ここからは、ミュージカルを見た感想を書こうと思います。

今回のミュージカルは、新シリーズともあって期待して行ったのですが、今までのセラミュとは

何か違うと感じました。乃木坂46とコラボすると聞いた時から嫌な予感がしていましたが、

やはり全体的にアイドル感が強くなっていました。今までのセラミュを受け継いでいるかというと、

私が見た感じは完全には受け継いでいませんでした。

これまでのセラミュの方がセーラームーンの美しさをしっかりと表現できていると思いました。

今回はファンクラブの特典もなく、セラムン要素が確実に減っていると感じました。

最後にはスペシャルライブショーがありましたが、ここに関しては完全にアイドルのライブ状態でした。

見に来られていた方も乃木坂46のファンが多く目立ちました。

セラミュを見てきて、初めて残念な思いをしてしまいました。乃木坂46が悪いというわけではないですが、

やはりアイドルグループに歴史あるセラミュを受け継がせるというのは少し無理があると思います。

演技力やメンバーの良し悪しではなく、セーラームーンとアイドルでは趣旨が全く違うということです。

もしこの先もこのシリーズが続くとしたら、今一度セラミュについて深く考えてから舞台を作って欲しいです。

購入グッズなど

ここからは購入したグッズなどを紹介していきます。回替わりお楽しみ企画の抽選会は残念ながら外れました。

入場時の配布物

これだけのパンフレットを入場の際に貰いました。今回はアンケートが無く、TBS系のパンフレットが多いです。

あとはセーラームーンストアやミュージカルのDVD,ライブビューイングのパンフレットなどですね。

また、グッズの一覧表もありませんでした。やはり、今回は何かが違いますね。

ショッパー

こちらはショッパーです。こちらは商品を買うと付属するわけではなく、1つの商品として販売されました。

伊勢丹コラボの時より一回り小さいですが、今回のグッズを持ち帰るのにはちょうど良い大きさでした。

デザインは前後で異なり、片面がTEAM STARでもう片面がTEAM MOONのデザインになっています。

クリアファイルセット

 

こちらが、クリアファイルセットです。右側の画像は裏面ですが、映り込みが激しかったため少し加工しました。

デザインは2チームのキャストのものがそれぞれ1枚と、原作の絵を使用したものの合計3枚ですね。

サイズはもちろんA4です。たまには違うサイズもラインナップして欲しいですね。

アクリルスタンド

こちらはアクリルスタンドです。セーラームーン好きなので、両チームのセーラームーンを購入しました。

そのまま飾るのも良いですが、今回は1つ開封して組み立ててみます。

組み立て後はこんな感じになります。パーツを取り外した後の下のプレートは無くても良いのですが、

他の場所に置くと無くすなので、一緒に取り付けておきました。やはり組み立てたほうが立体感は出ますね。

ペンライト

こちらはペンライトです。今回は公演の最後のスペシャルライブショーの時のみ使用可能でした。

といっても、スペシャルライブショー自体が先程述べた通り、セラミュとは程遠いようなアイドルのライブ状態

でしたので、私は使う気になれませんでした。

ペンライトを光らせてみました。一応セーラー戦士のシンボルカラーに対応した色に光るみたいです。

ですが、今回はセーラームーンのことは眼中にないような乃木坂ファンが多かったので、

スペシャルライブショーの時は多くの方が色をほとんど無視していると感じました。

パンフレット

こちらが今回のミュージカルのパンフレットになります。TEAM STARの公演だったので、一応TEAM STARの

パンフレットを購入しました。なんだか、今までのパンフレットよりもチープになった感じがしますね。

中身はそこまで変わらない感じでしたが、細かいところが安っぽく感じますね。

まとめ

乃木坂46版セーラームーンミュージカル2018いかがでしたか。今回は感想でも述べた通り乃木坂46との

コラボにより、セラムン要素が減ってアイドル感が強くなりました。このままでは、セーラームーンファンが

逃げてしまいます。やはりアイドルグループとのコラボは曲までにとどめておくべきだと実感しました。

もっと言うと、ミュージカルに関しては今まで通り純粋なコラボなしの方が良いと思いますね。

セラミュに他の何かが流れ込んできたりすると、今回のようにセラムン要素が薄くなり、

FC特典やフォットスポットのサービスなども無いようなファン泣かせのものになってしまいます。

来年からはセーラームーンを最大限楽しめるようなミュージカルを期待していたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る